脱毛ラボ あべの

脱毛サロンで間引き脱毛はできるのか?

 

脱毛サロンで間引き脱毛はできるのか?

 

脱毛ラボ,あべの,あべの天王寺店,店舗,全身脱毛,場所,行き方

 

間引き脱毛とは、全部の毛を抜くわけでなく、本数を少なくすることを言います。
本数が少なくなると毛の生え方が自然なままで薄くなります。

 

特にVIO脱毛の際に希望する方が多いと言われています。
女性の中には、VIOのお手入れをせずに何もしなくても自然に生え方がキレイだと思われたいという方も多いようです。

 

しかし、脱毛ラボのような脱毛サロンでは間引き脱毛は難しいです。
その理由は、脱毛ラボのような脱毛サロンの脱毛方法は基本的に光脱毛(フラッシュ脱毛)であり、光を当てる照射範囲が広いためです。

 

しかし、もしかしたら毛周期を上手く利用すれば、自然な仕上がりになるかもしれません。
毛周期とは、毛が生え変わるサイクルで4つの状態があり、成長期(初期)⇒成長期(後期)⇒退行期⇒休止期の順で回ります。

 

休止期以外は毛が生えている状態です。
ちなみに全体の3分の2の毛は休止期に入っているので、一度に全部脱毛することは不可能なのです。

 

そこで、上手いこと休止期の毛を残せれば、間引きしたように自然な形で毛を残すことができるかもしれません。
また、電気脱毛(ニードル脱毛)や医療レーザー脱毛などの毛1本1本に対して行う脱毛方法なら間引きは可能です。

 

 

電気脱毛(ニードル脱毛)とは

 

電気脱毛(ニードル脱毛)とは毛穴一つ一つに針を差し込み、電流や高周波によって毛根やその周辺組織にダメージを与えることで、脱毛するという方法です。

 

なので、毛を間引くことは可能です。
しかし、電気脱毛(ニードル脱毛)は他のどの脱毛方法よりも痛いといわれているので、特にVIOはきついかもしれません。

 

ちなみに電気脱毛(ニードル脱毛)は脱毛クリニックで行っているケースが多いですが、ある一部の脱毛サロンでも行われているようです。

 

 

医療レーザー脱毛とは

 

また、医療レーザー脱毛とは、基本的には光脱毛(フラッシュ脱毛)とほぼ同じ原理で毛根にレーザー(光)を当てて脱毛する方法です。
しかし、医療レーザーの方が照射範囲が狭いので、光脱毛(フラッシュ脱毛)よりは間引きしやすくなります。

 

ただし、医療レーザー脱毛は医療行為なので、脱毛ラボのような脱毛サロンでは行えないことになっています。
光脱毛(フラッシュ脱毛)よりも医療レーザー脱毛の方が出力が大きいので、万が一肌にトラブルが発生したときに医療機関でないと対処ができないからです。

 

なので、医療レーザー脱毛で間引きしたい場合は脱毛クリニックに通うようにしましょう。

 
ホーム RSS購読 サイトマップ